手形の裏書き

手形の裏書き

手形の裏書譲渡をした時

手形の所持人は、支払期日前にその手形を他人に譲り渡すことができます。例えば、商品を購入したときに、その商品代金の支払いを金銭で支払う代わりに、所有している手形を相手に譲り渡すことができます。所有している手形を相手に譲り渡すときは、その手形の裏面に必要事項を記入して、相手に渡します。このことを手形の裏書譲渡うらがきじょうど)といいます。

【例1】当店は、仕入先明石商店より商品10,000円を購入し、代金は以前に得意先奈良商店から受け取っていた奈良商店振出し、当店宛ての約束手形10,000円を裏書譲渡した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 10,000 受取手形 10,000

 

上記に仕訳は、以前に奈良商店から約束手形10,000円を受け取ったときに、下記の処理を行っていることが前提となっています。×××

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取手形 10,000 ××× 10,000

 

明石商店に奈良商店振出しの約束手形を譲渡することによって、後日、奈良商店から10,000円を受け取る権利が消滅します。よって、裏書譲渡を行ったときは、受取手形a/cを減額させる処理を行います。

手形の裏書譲渡をされた時

【例2】明石商店は、得意先神戸商店に商品10,000円を販売し、代金は、奈良商店振出し、神戸商店宛ての約束手形を裏書譲渡された。

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取手形 10,000 売上 10,000

 

明石商店は、奈良商店振出し、神戸商店宛ての約束手形を受け取ったことにより、後日、振出人である奈良商店から10,000円の金銭を受け取る権利が生じますので、受取手形a/cで処理します。

【例3】得意先姫路商店に商品10,000円を販売し、代金はかねて当店が振り出していた約束手形を裏書譲渡された。

借方科目 金額 貸方科目 金額
支払手形 10,000 売上 10,000

 

当店が以前に約束手形10,000円を振り出したときに、下記の処理を行っています。

借方科目 金額 貸方科目 金額
××× 10,000 支払手形 10,000

 

当店が振り出した約束手形を裏書譲渡されたということは、以前に当店が振り出した約束手形が当店に戻ってくる事を意味します。その場合、当店が当店に金銭を支払うことになりますので、言い換えれば、後日、金銭を支払う義務が消滅するということになります。よって当店が振り出した約束手形を裏書譲渡された場合には、支払手形a/cを減額させる処理を行います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

約束手形の振り出し

次の記事

手形の割引