掛け取引(売掛金と買掛金)

掛け取引(売掛金と買掛金)

掛け取引

商売をしていくと、商品を頻繁に購入する相手先である仕入先や、商品を頻繁に販売する相手先である得意先が現れてきます。当店と仕入先及び得意先の間に信頼関係が生じるようになると、購入代金の支払いや販売代金の受け取りなどをその都度行うのではなく、一定の期日にまとめて行うようになります。このように、商品を購入したときに後日、その代金を支払う取引、または商品を販売したときに後日、その代金を受け取る取引のことを掛け取引といいます。

買掛金勘定

【例1】当店は、仕入先明石商店から商品10,000円を購入し、代金は掛けとした。なお、商品売買については、三分法で処理することとする。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 10,000 買掛金 10,000

 

代金は掛けとしたということは、後日、購入代金を支払うことを意味します。つまり、商品を購入したときにその商品代金を後日、支払う義務が生じることになります。代金を後日、支払う義務については、負債の勘定である買掛金(かいかけきん)a/cで処理します。

売掛金勘定

【例2】当店は、得意先姫路商店に商品12,000円を販売し、代金は掛けとした。なお、商品売買については、三分法で処理することとする。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 12,000 売上 12,000

 

代金は掛けとしたということは、後日、販売代金を受け取ることを意味します。つまり、商品を販売したときにその商品代金を後日、受け取る権利が生じることになります。代金を後日、受け取る権利については、資産の勘定である売掛金(うりかけきん)a/cで処理します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

値引き及び返品の処理