普通預金及び当座預金

普通預金及び当座預金

普通預金勘定

銀行に普通預金口座を開設して、手元にある金銭をその開設した普通預金口座に預け入れた場合には、金銭の保管場所が手元から銀行の普通預金口座に移っただけですので、資産の勘定である普通預金a/cで処理します。

【例1】銀行に普通預金口座を開設し、手元にある現金100,000円を預け入れた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
普通預金 100,000 現金 100,000

 

当座預金勘定

銀行に当座預金口座を開設して、手元にある金銭を預け入れた場合には、金銭の保管場所が手元から銀行の当座預金口座に移っただけですので資産の勘定である当座預金a/cで処理します。当座預金口座は、支払手段のための金銭の一時的な保管口座の位置づけのため、普通預金口座と異なり、利息はつきません。商品等を購入したときの代金の支払手段として、小切手という紙片を用いることで、当座預金口座の残高が減少することになります。

【例2】銀行に当座預金口座を開設し、手元にある現金100,000円を預け入れた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 100,000 現金 100,000

 

【例3】仕入先に対する買掛金30,000円の支払いとして、小切手を振り出して仕入先に渡した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 30,000 当座預金 30,000

 

小切手を振り出して、相手先に渡した段階では、まだ当店の当座預金口座の残高は実際には減少しません。小切手を受け取った相手先が金融機関に持ち込むことによって、当店の当座預金口座の残高が減少することになります。しかし、振り出した小切手は、通常、小切手振出日から1週間以内に金融機関に持ち込むことになっていますので、便宜上、小切手を振り出した時に、当座預金a/cを減額させる処理を行うことになります。

【例4】得意先姫路商店に対する売掛金10,000円について、同店振出しの小切手を受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 10,000 売掛金 10,000

 

他店が振り出した小切手を受け取ったときは、当店の手元にその小切手が保管されていることになります。小切手は金銭の代わりに使用されますので、他店振出しの小切手を受け取った場合には、通貨代用証券の受取りとして処理されます。つまり、現金a/cで処理されます。

【例5】得意先姫路商店に対する売掛金10,000円について、同店振出しの小切手を受取り、ただちに当座預金口座に預け入れた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 10,000 売掛金 10,000

 

上記【例5】の処理は、次のように考えることができます。

(1) 姫路商店から小切手10,000円を受け取ったとき

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 10,000 売掛金 10,000

 

(2) 上記小切手を当座預金口座に預け入れたとき

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 10,000 現金 10,000

 

上記(1)と(2)がただちに実行されていますので、現金a/cが相殺されることになります。

【例6】得意先姫路商店に対する売掛金10,000円について、かって当店が振り出した小切手を受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 10,000 売掛金 10,000

 

上記【例6】の処理は、次のように考えることができます。

当店が小切手10,000円を振り出したとき

借方科目 金額 貸方科目 金額
××× 10,000 当座預金 10,000

 

当店が振り出した小切手を受け取ったことで、当店の当座預金口座の残高は減少することがなくなります。よって、小切手を振り出したときに貸方側に記入されている当座預金a/cを修正する処理を行います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

現金過不足勘定

次の記事

当座借越