約束手形の振り出し

約束手形の振り出し

支払手形勘定

約束手形は、一定期日に手形に記載されている金額を支払うことを約束するときに利用する紙片です。手形取引も掛取引と同様、後日、代金を支払うことを約束する点においては、同じなのですが、手形取引の場合には、紙片が利用されていることが大きく異なります。紙片が利用されていることによって、手形取引の場合には、掛取引と異なり、下記2点の特色を持つことになります。

(1)手形を他人に譲渡することができます(手形の裏書譲渡)。

(2)手形を一定期日前に現金化することができます(手形の割引)。

【例1】仕入先明石商店より商品10,000円を購入し、代金は約束手形を振り出して支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 10,000 支払手形 10,000

 

商品の購入代金について、約束手形を振り出して支払っていますので、後日、手形によって代金を支払う義務が生じています。この場合、その義務について、負債の勘定である支払手形a/cで処理します。

【例2】以前に振り出した約束手形の支払期日が到来し、当座預金口座から10,000円が引き落としされた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
支払手形 10,000 当座預金 10,000

 

当座預金口座から代金相当の10,000円が引き落としされたことによって、後日、代金を支払う義務が消滅します。よって、約束手形を振り出した時に支払手形a/cの貸方に記帳した10,000円を減額させる処理を行います。

受取手形勘定

【例3】得意先姫路商店に商品20,000円を販売し、代金は得意先姫路商店振出しの約束手形で受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取手形 10,000 売上 10,000

 

商品を販売したことによる代金について、他店が振り出した約束手形を受け取っていますので、後日、手形によって代金を受け取る権利が生じています。この場合、その権利について、資産の勘定である受取手形a/cで処理します。

【例4】以前に受け取っていた他店振出しの約束手形について、本日、支払期日が到来し、商品の販売代金20,000円が当座預金口座に振り込まれた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 20,000 受取手形 20,000

 

当座預金口座に販売代金20,000円が振り込まれたことにより、後日、代金を受け取る権利が消滅します。よって、他店振出しの約束手形を受け取った時の受取手形a/cの借方に記帳した20,000円を減額させる処理を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です