仮払金及び仮受金

仮払金及び仮受金

仮払金勘定

従業員が出張をする際に、出張前に一定額を概算で前渡しすることがあります。概算で前渡しした場合には、一旦、資産の勘定である仮払金a/cで処理します。

【例1】従業員の出張にあたり、旅費交通費の概算額10,000円を現金で前渡しした。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮払金 10,000 現金 10,000

 

金庫の中の現金が10,000円減少していますが、その現金は従業員の手元に移っています。この従業員の手元にある状態を資産の勘定である仮払金a/cで処理します。

【例2】従業員が出張から戻り、概算額として渡した10,000円のうち、旅費交通費として9,500円を使ったとの報告を受け、残額500円については、現金で返済を受けた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
旅費交通費 9,500 仮払金 10,000
現金 500

 

確定した旅費交通費については、費用の勘定である旅費交通費a/cで処理します。出張前に従業員に渡された10,000円のうち9,500円を使用し、残額は現金で返済したことにより、仮払金a/cは減額処理されます。

仮受金勘定

当座預金口座などに金銭の振り込みがあったにもかかわらず、その振り込みの原因が不明なときには、一旦、負債の勘定である仮受金a/cで処理されます。

【例3】出張中の従業員より当座預金口座に12,000円の振り込みがあったが、その内容が不明であった。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 12,000 仮受金 12,000

 

資産である当座預金が増加しているにもかかわらす、その増加した原因が不明のため、まだ、自分のものとして利用することができないため、貸方には負債の勘定である仮受金a/cで処理しておきます。

【例4】従業員が出張から戻り、先日、当座預金口座に振り込んだ12,000円が得意先からの売掛金の回収額であることが判明した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮受金 12,000 売掛金 12,000

 

売掛金の回収であることが判明したことにより、売掛金a/cは減額し、内容が不明であったことにより処理した仮受金a/cも減額することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

従業員立替金及び預り金

次の記事

資本金及び引出金