商品券及び他店商品券

商品券及び他店商品券

商品券勘定

商品券は、券面額に記入されている金額分の商品と交換することができます。よって、商品券を発行した場合には、後日、商品券の券面額に記入されている商品を引き渡す義務が生じることになります。そのため、商品券を発行した場合には、商品を引き渡す義務を表す負債の勘定である商品券a/cで処理します。

【例1】当店は、商品券1,000円を発行し、代金は現金で受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,000 商品券 1,000

 

【例2】当店は、商品1,500円を販売し、代金は当店発行の商品券1,000円と現金500円を受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品券 1,000 売上 1,500
現金 500

 

商品を引き渡し、その対価として当店が発行した商品券を受け取っていますので、商品券発行時に生じた商品を引き渡す義務が消滅します。よって、商品券a/cを減額する処理を行います。

他店商品券勘定

他店が発行した商品券を受取り、商品を引き渡した場合には、商品券を発行した他店に代金の請求をすることができます。よって、他店発行の商品券を受け取った場合には、資産の勘定である他店商品券a/cで処理します。

【例3】当店は、商品1,500円を販売し、代金は他店発行の商品券1,000円と現金500円を受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
他店商品券 1,000 売上 1,500
現金 500

 

【例4】当店が保有している他店発行の商品券1.000円を商品券発行の他店に引き渡し、当店が立て替えている1,000円について、現金で返済を受けた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,000 他店商品券 1,000

 

商品券と他店商品券の精算

【例5】商品券の精算を行い、当店が保有している他店発行の商品券1,000円と他店が保有している当店発行の商品券1,500円とを交換し、差額を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品券 1,500 他店商品券 1,000
現金 500

 

厳密には、当店が保有している他店発行の商品券1,000円を他店に引き渡すことによって、1,000円の金銭を受け取り、他店が保有している当店発行の商品券1,500円については、当店に引き渡されることにより、当店は他店に1,500円の金銭を支払わなければなりません。しかし、一般的には、事務手続きの効率化を考慮し、差額分を受け渡しすることで、精算完了させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

貸付金及び借入金