引出金勘定の決算整理

引出金勘定の決算整理

引出金a/cから資本金a/cへの振替処理

期中、お店の財産を引き出したときに引出金a/cで処理している場合には、決算日に引出金a/cから資本金a/cに振り替える処理を行います。

【例1】現金100,000円を元入れして営業を開始した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 100,000 資本金 100,000

 

【例2】店主が私用目的でお店の現金10,000円を引き出した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
引出金 10,000 現金 10,000

 

【例3】本日決算日となり、引出金勘定を資本金勘定に振り替える処理を行う。なお、引出金勘定は、10,000円の借方残高となっている。

借方科目 金額 貸方科目 金額
資本金 10,000 引出金 10,000

 

引出金a/cは、期中における引出額を明確にするために備えられた勘定です。本来は、資本金a/cの借方に記入すべきものを便宜上、引出金a/cの借方に記入するのです。よって、決算日においては、資本金a/cを正しい残高に修正するために、引出金a/cの残高を資本金a/cに振り替えます。

上記【例3】の決算整理仕訳を行うことにより、引出金a/cの残高はゼロとなり、資本金a/cの残高は90,000円(100,000円-10,000円)の貸方残高に変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

資本金及び引出金

次の記事

現金の決算整理