従業員立替金及び預り金

従業員立替金及び預り金

従業員立替金勘定

従業員が本来負担すべき金額を、当店が一時的に立て替えて支払った場合には、後日、当該従業員に対して、立て替えた金額を請求することができます。立て替えた金額を請求する権利については、資産の勘定である従業員立替金a/cで処理します。

【例1】当店は、従業員が負担すべき生命保険料10,000円を一時的に現金で立て替えて支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
従業員立替金 10,000 現金 10,000

 

一時的に立て替えられた金額は、一般的に、当該従業員に対する給料を支払う際に、立て替えられた金額を差し引いて支給されます。

【例2】従業員に給料100,000円を支給し、以前に当店が一時的に立て替えた金額10,000円を差し引いた残額を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
給料 100,000 従業員立替金 10,000
現金 90,000

 

従業員に支給される給料総額については、費用の勘定である給料a/cで処理します。給料総額100,000円に対して、以前に当店が立て替えた10,000円が差し引かれますので、従業員立替金a/cを減額し、残額90,000円(100,000円-10,000円)を現金で支給しています。

預り金勘定

従業員が受け取る給料については、所得税や社会保険料が課せられます。厳密には、従業員が給料総額を受け取り、自分で所得税や社会保険料の計算を行い、計算された金額分の金銭を税務署や社会保険事務所等に納めなければなりません。しかし、それらの計算は非常に複雑であることや、従業員一人一人が税務署等に納めていくと、非常に混雑してしまいます。そこで、所得税や社会保険料等については、雇い主が従業員に代わって、所得税等の計算を行い、納付します(源泉徴収といいます)。そのため、従業員に給料を支給する際には、納付すべき税金や社会保険料の金額を差し引き、残額を支給することになります。

【例3】従業員に給料100,000円を支給し、所得税10,000円を差し引いた残額を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
給料 100,000 所得税預り金 10,000
現金 90,000

 

所得税10,000円については、後日、雇い主(当店)が従業員に代わって税務署に納付していきます。そのため、給料支給時に差し引いた10,000円については、一旦、雇い主(当店)が預かっている状態と考えることができます。後日、税務署に納付する義務が生じますので、その義務については、負債の勘定科目である所得税預り金a/cで処理します。所得税預り金a/cは、預り金a/cで処理することもありますので、検定試験では、勘定科目の指定に注意してください。

【例4】預かっていた従業員の所得税10,000円を税務署に現金で納付した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
所得税預り金 10,000 現金 10,000

 

所得税を納付することで、税金を納付する義務が消滅しますので、所得税預り金a/cを減額させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

貸付金及び借入金

次の記事

仮払金及び仮受金