現金の決算整理

現金の決算整理

現金過不足a/cの決算整理

期中に帳簿残高と実際有高の金額が不一致の場合には、帳簿残高を実際有高に合わせるための処理を行います。現金a/cの増減に対する相手科目として現金過不足a/cで処理します。現金過不足a/cは、調査の結果、その不一致の原因が明らかになれば、適切な勘定に振り替えられることになります。しかし、不一致の調査期日は、決算日までとなり、決算日までに不一致の原因が判明しなかった場合には、現金過不足a/cを雑益a/c(収益)や雑損a/c(費用)に振り替えます。

【例1】現金過不足a/cの残高が1,000円(借方残高)であった。決算日となり、その不一致原因が不明であったため、必要な決算整理を行う。

借方科目 金額 貸方科目 金額
雑損 1,000 現金過不足 1,000

 

現金過不足a/は、決算日になれば、不一致原因が不明であっても、勘定残高をゼロにします。現金過不足a/cの残高が借方残高の場合には、帳簿残高よりも実際有高の金額の方が小さいことを表しますので、現金過不足a/cを減額させるともに、借方側に費用の勘定である雑損a/cで処理することとなります。

【例2】現金過不足a/cの残高が800円(貸方残高)であった。決算日となり、その不一致原因が不明であったため、必要な決算整理を行う。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金過不足 800 雑益 800

 

現金過不足a/cの残高が貸方残高の場合には、帳簿残高よりも実際有高の金額の方が大きいことを表しますので、現金過不足a/cを減額させるともに、貸方側に収益の勘定である雑益a/cで処理することとなります。

現金a/cの決算整理

決算日に帳簿残高と実際有高の検証を行った結果、両者の金額が不一致になっている場合があります。その場合、不一致原因を調査し、それでも判明しない場合には、現金過不足a/cを設けて調査する時間がありませんので、現金a/cを通じて、帳簿残高を実際有高に修正する処理を行います。

【例3】現金a/cの残高が10,000円(借方残高)であった。決算日となり、実地調査を行ったところ、実際有高は、9,800円であった。その不一致原因が不明であったため、必要な決算整理を行う。

借方科目 金額 貸方科目 金額
雑損 200 現金 200

 

現金a/cの残高10,000円を実際有高9,800円に修正する処理を行います。よって、現金a/cの貸方に200円が記入され、借方には、費用の勘定である雑損a/cで処理します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です