商品の決算整理(売上原価の算定)②

商品の決算整理(売上原価の算定)②

期首商品がある場合

【例1】決算日となり売上原価を計算するための決算整理仕訳を行う。なお、繰越商品a/cの残高は100円(借方残高)、仕入a/cの残高は400円(借方残高)、売上a/cの残高は300円(貸方残高)となっており、期末商品棚卸高は200円であった。また、売上原価の計算は仕入a/cで行うこととする。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 100 繰越商品 100
繰越商品 200 仕入 200

 

繰越商品a/cの残高100円は、前期末の在庫金額を表しています。仕入a/cの残高400円は、当期に購入した商品の金額を表しています。そこで、売上原価を計算するためには、まず最初に当期にどれだけの商品が販売できるのかを計算します。そのために繰越商品a/cの残高100円を仕入a/cに振り替えます。振り替えとは、ある勘定の金額を他の勘定に移すことをいいます。この仕訳を行うことで、仕入a/cの残高は500円に変わり、繰越商品a/cの残高はゼロとなります。

この仕入a/cの残高500円のうち期末に残っている商品の金額200円を差し引くことにより、売れた商品の原価300円を計算することができます。

売上原価a/cで売上原価を計算

売上原価の計算を仕入a/cではなく、売上原価a/cで処理する場合があります。

【例1】決算日となり売上原価を計算するための決算整理仕訳を行う。なお、繰越商品a/cの残高は100円(借方残高)、仕入a/cの残高は400円(借方残高)、売上a/cの残高は300円(貸方残高)となっており、期末商品棚卸高は200円であった。また、売上原価の計算は売上原価a/cで行うこととする。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上原価 100 繰越商品 100
売上原価 400 仕入 400
繰越商品 200 売上原価 200

 

損益計算書では、売上原価という費用については、売上原価という表示科目で記載されます。仕入a/cで売上原価を計算した場合、損益計算書の表示科目名と帳簿上の勘定科目名が異なってしまいます。そこで、勘定上においても売上原価の計算については、売上原価a/cを決算日に新たに設置して、その勘定で売上原価を計算することがあります。売上原価a/cを設置することで、損益計算書の表示科目名と帳簿上の勘定科目名が一致することになります。

なお、検定試験では、問題文に指示がありますので、その指示に従って解答してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です