有価証券(株式)の取引

有価証券(株式)の取引

株式の取得と売却

株式会社では、会社の所有権を分割し、それを株式という形式で発行し、資金を調達します。株式を取得した人のことを株主といい、株主は、株式を取得することで当該会社に対して金銭を出資することになります。株式を取得した場合には、資産の勘定である有価証券a/cで処理します。

株式は、会社の所有権を証券化したもので、会社は株式を発行することで資金を調達することができます。株式によって集められた金銭は、株主に返済する必要はありません。なお、株式の購入者(株主)は、保有株式を売却することで、金銭の回収を行うことができます。

【例1】大阪株式会社の株式を1株当たり100円で1,000株購入し、代金は購入手数料1,000円と合わせて後日支払うこととした。

借方科目 金額 貸方科目 金額
有価証券 101,000 未払金 101,000

 

有価証券勘定は、取得原価で記入します。なお、取得原価とは、購入代価に付随費用を加算した金額です。上記【例1】では、購入代価は100,000円(100円×1,000株)、付随費用は購入手数料1,000円となりますので、取得原価は101,000円(100,000円+1,000円)と計算されます。

【例2】上記【例1】で購入した大阪株式会社の株式1,000株のうち500株を1株110円で売却した。なお、代金は月末に受け取ることとした。

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収入金 55,000 有価証券 50,500
有価証券売却益 4,500

 

上記【例1】において1株当たりの単価は、有価証券a/cの帳簿価額101,000円÷取得株式数1,000株=@101円と計算されます。1株101円の株式を500株売却していますので、貸方側に有価証券50,500円(101円×500株)と仕訳されます。50,500円と売却金額55,000円との差額については、有価証券売却益a/c(収益)で処理します。

【例3】上記【例1】で購入した大阪株式会社の株式1,000株のうち500株を1株500円で売却した。なお、代金は月末に受け取ることとした。

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収入金 50,000 有価証券 50,500
 有価証券売却損 500 

 

50,500円と売却金額50,000円との差額については、有価証券売却損a/c(費用)で処理します。

配当金領収証

【例4】かねてより所有している大阪株式会社の株式500株につき、1株当たり20円の配当があり、本日、配当金領収書を受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 10,000 受取配当金 10,000

 

株式は発行会社に対する出資ですので、発行会社が利益を獲得したときには、その利益の一部を株主に還元することがあります。その株主への利益の還元のことを配当といいます。通常、株主に配当金領収証が送付され、それを受け取った株主は、金融機関に配当金領収証を持ち込むことにより、それに記載されている金銭を受け取ることができます。そのため、株主が受け取る配当金領収証は、通貨代用証券として現金a/cで処理されることになります。また、貸方には、収益の勘定である受取配当金a/cで処理します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です