有形固定資産の処理

有形固定資産の処理

有形固定資産

長期に渡って使用することで収益を獲得する有形の資産を有形固定資産といいます。営業用車両は、車両運搬具a/c(又は車両a/c)で処理し、パソコンや机などは、備品a/cで処理し、店舗などは建物a/cで処理されます。

【例1】土地1,000,000円を購入し、代金は小切手を振り出して支払った。なお、購入にあたり登記料などの付随費用100,000円を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
土地 1,100,000 当座預金 1,000,000
現金 100,000

 

有形固定資産を購入したときには、有形固定資産の購入代価の金額だけではなく、それを取得するために発生した付随費用(上記【例1】では登記料)を有形固定資産の勘定に含めることに注意してください。購入代価に付随費用を加算した金額のことを取得原価といいます。

【例2】上記【例1】で取得した土地1,100,000円を1,500,000円で売却し、代金は現金で受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,500,000 土地 1,100,000
固定資産売却益 400,000

 

売却された有形固定資産1,100,000円と売却価額1,500,000円との差額は、固定資産売却益a/c(収益)で処理します。

【例3】上記【例1】で取得した土地1,100,000円を900,000円で売却し、代金は現金で受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 900,000 土地 1,100,000
 固定資産売却損 200,000

 

売却された有形固定資産1,100,000円と売却価額900,000円との差額は、固定資産売却損a/c(費用)で処理します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です