未収入金勘定及び未払金勘定

未収入金勘定及び未払金勘定

未収入金勘定の処理

商品売買での掛け取引において、後日、金銭を受け取る権利は資産の勘定である売掛金a/cで処理しました。商品売買以外での掛け取引において、後日、金銭を受け取る権利は資産の勘定である未収入金a/cで処理することとなります。つまり、売上に対しては、売掛金a/cで処理されることとなり、それ以外の掛け取引については、未収入金a/cで処理されることとなります。

【例1】帳簿価額1,100,000円の土地を900,000円で売却し、代金は月末に受け取ることとした。

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収入金 900,000 土地 1,100,000
固定資産売却損 200,000

 

【例2】上記【例1】の土地売却代金900,000円を現金で受け取った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 900,000 未収入金 900,000

 

未払金勘定の処理

商品売買での掛け取引において、後日、金銭を支払う義務は負債の勘定である買掛金a/cで処理しました。商品売買以外での掛け取引において、後日、金銭を支払う義務は負債の勘定である未払金a/cで処理することとなります。つまり、仕入に対しては、買掛金a/cで処理されることとなり、それ以外の掛け取引については、未払金a/cで処理されることとなります。

【例1】備品100,000円を購入し、代金は後日支払うこととした。なお、備品の購入にあたり据付費等10,000円を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
備品 110,000 未払金 100,000
現金 10,000 

 

【例2】上記【例1】の備品購入代金100,000円を小切手を振り出して支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
未払金 100,000 当座預金 100,000

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

消耗品の決算整理

次の記事

有形固定資産の処理