貸倒引当金の処理②

貸倒引当金の処理②

貸し倒れ時の処理

【例1】得意先姫路商店が倒産し、同店に対する前期発生の売掛金1,000円が貸し倒れとなった。なお、貸倒引当金a/cの残高が5,000円ある。

借方科目 金額 貸方科目 金額
貸倒引当金 1,000 売掛金 1,000

 

【例2】得意先岡山商店が倒産し、同店に対する前期発生の売掛金5,500円が貸し倒れとなった。なお、貸倒引当金a/cの残高が4,000円ある。

借方科目 金額 貸方科目 金額
貸倒引当金 4,000 売掛金 5,500
貸倒損失 1,500

 

前期発生の売掛金5,500円の貸し倒れに対して、貸倒引当金a/cの残高は4,000円しかないため、不足分1,500円(5,500円-4,000円)については、当期の費用として貸倒損失a/cで処理します。

【例3】得意先広島商店が倒産し、同店に対する当期発生の売掛金3,000円が貸し倒れとなった。なお、貸倒引当金a/cの残高が5,000円ある。

借方科目 金額 貸方科目 金額
貸倒損失 3,000 売掛金 3,000

 

当期発生の売掛金の貸し倒れのため、貸倒損失a/cで処理されます。貸倒引当金a/cを減額させないよう注意してください。

償却債権取立益勘定

前期以前に貸し倒れの処理を行ったにもかかわらず、当期に貸し倒れた回収不能の金銭を回収することがあります。その場合には、収益の勘定である償却債権取立益a/cで処理します。

【例1】前期に貸し倒れの処理をした得意先広島商店に対する売掛金3,000円のうち500円を現金で回収した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 500 償却債権取立益 500

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

貸倒引当金の処理①

次の記事

減価償却の手続き①