簿記3級検定試験の大幅範囲改訂(3/3)

簿記3級検定試験の大幅範囲改訂(3/3)

小規模株式会社を前提

簿記3級検定試験が2019年(平成31年)度より大幅に変更されます。

今までの簿記3級検定試験では、簡易な簿記の能力を確認するという点と日本において個人事業主の数の方が多い点を考慮した結果、個人商店を前提とした出題になっていました。しかし、今回の改正で今後は小規模の株式会社を前提とした出題に変更となりました。

変更の理由としては、個人商店よりも株式会社会計の方が重要性が高いことや、純資産の処理などにおいて株式会社会計を前提としている簿記2級検定試験との連続性が確保されていないため、受験生負担が大きいなどの理由が挙げられています。

小規模な株式会社を前提として出題がなされることから、従来の出題では、12 月決算の出題が中心でしたが、今後は株式会社で多く見られる3月決算の出題が基本となります。

簿記3級試験範囲の改訂についてはこちら!

簿記3級検定試験の大幅範囲改訂(1/3)の記事はこちら!

簿記3級検定試験の大幅範囲改訂(2/3)の記事はこちら!

決算

決算整理後残高試算表の追加

決算整理後残高試算表は決算整理後の各勘定残高を集計した試算表であり、貸借対照表や損益計算書の作成の元になる試算表です。3級の試験範囲であることを明確にするために追加されました。

純損益の繰越利益剰余金勘定への振替

今回の改正で簿記3級が小規模の株式会社を前提とした出題に変更となったことをうけ、従来、損益勘定で算定された純損益について資本金勘定に振り替えられた処理を繰越利益剰余金勘定への振替処理に変更とされました。

【例1】決算において費用及び収益を損益勘定に振り替えた結果、損益勘定の残高が¥300,000(貸方残高)となっているため、必要な処理を行う。

借方科目 金額 貸方科目 金額
損益 300,000 繰越利益剰余金 300,000

繰越試算表の削除

繰越試算表は、資産、負債及び純資産の各勘定の締め切りについて、英米式決算法を採用している場合、勘定上で次期繰越と記入することで締め切りを行い、その後、前期繰越と記入します。そこで、次期繰越から前期繰越が適切に行われていることを確認するために繰越試算表を作成します。しかし、会計システムを利用した実務においては、貸借不一致が生じる可能性は極めて稀であることから一致を確認する必要性が乏しいということ、また、貸借対照表や損益計算書は、決算整理後残高試算表も元に作成されることなどから、今回、試験範囲から削除されました。

株式会社会計

設立・増資

今回の改正で簿記3級が小規模の株式会社を前提とした出題に変更となったことをうけ、株式会社の資本金および利益剰余金を3級の出題範囲に含めることになりました。

剰余金の配当

株式会社に関する学習上、設立及び資金調達から利益を稼いで株主へ分配するという一連の流れの理解がは欠かせないものであるため、剰余金の配当および付随して利益準備金の設定も3級の範囲に含められました。しかし、学習者の負担を考慮し、剰余金の処分に関する出題は、繰越利益剰余金からの配当に限定し、利益準備金を積み立てる場合も問題文に金額を明示されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です