原価計算初級体験版プログラムが公開されました。

原価計算初級体験版プログラム

原価計算初級試験が始まりました。

4月2日(月)より日本商工会議所主催による原価計算初級試験が開始されました。ネット試験方式ですので、いつでも試験を受けることができます。原価計算は単に製品の適正な原価を算定する技術のみならず、経営管理者の意思決定に役立つ情報を提供する管理会計の基礎にもなる技術です。

簿記の検定試験では、今まで簿記2級の工業簿記という試験科目で、原価計算を初めて勉強することになっていました。科目名から分かるように簿記2級の工業簿記では、製造業の簿記という一面が強いため、適正な製品製造原価の算定に比重が置かれています。しかし、原価計算の技術は、製造業だけに使われているわけではなく、経営管理者の意思決定のために有益な情報を提供することを目的としている管理会計の基礎になる技術です。そのため、原価計算の知識は、ビジネスパーソンにとっては必修の技術であると思われます。

最近では、ビジネス誌の特集で組まれるほど、会計の重要性は高まっています。しかし、実際、原価計算を勉強しようとすると、今までは基礎的な商業簿記の知識が必要とされていました。しかし、本格的な簿記の学習は必要ないと考える方も多くいらしゃるかと思います。そのような方にとっては、原価計算(管理会計)の勉強のきっかけとして、この原価計算初級試験を考えてみられてはどうでしょうか。

原価計算初級体験版プログラム

日本商工会議所のホームページに原価計算初級体験版プログラムが公開されています。体験版プログラムには、サンプル問題を試すことができ、実際の試験問題に近い形式で問題を確認することができます。一度、体験されてみてはいかがでしょうか。

原価計算初級体験版プログラムはこちら!

こちらの記事もご参考に!

原価計算初級特設ページの開設(日本商工会議所)

原価計算初級試験説明会の配付資料が公開されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です