はじめての簿記

レジュメ
第1章 1.財務諸表
2.貸借対照表 図1-1

図1-2

図1-3

3.勘定記入 図1-4

図1-5

図1-6

図1-7

  4.仕訳 図1-8

図1-9

図1-10

  5.損益計算書

図1-11

図1-12

図1-13

図1-14

図1-15

図1-16

  6.簿記一巡
第2章 1.簿記上の取引
  2.仕訳の基本
第3章 1.分記法
  2.売掛金と買掛金
第4章 1.普通預金と定期預金
  2.当座預金
第5章 1.手形の振り出し
  2.手形の受け取り
第6章 1.貸付金の処理
  2.借入金の処理
第7章 1.有形固定資産

日商簿記初級の合格率(日本商工会議所 HPより)

  2017年4月1日~2018年3月31日 2018年4月1日~2019年2月28日
 受験者数 4,167名 3,834名
 合格者数  2,243名 2,214名
合格率  53.8% 57.7%

簿記初めての方は見るべし

NHK高校講座の1つに「簿記(全20回)」があります。このNHK高校講座は、内容をわかりやすく伝えようとする工夫が随所に盛り込まれており、初めて簿記を勉強しようとする方にとって、素晴らしい教材です。この番組はインターネットで視聴することができますので、是非、ご視聴を!

NHK高校講座「簿記」へのリンク

出題範囲・内容

簿記の基本原理

基礎概念 ・資産、負債、および純資産(資本)
・収益、費用
・損益計算書と貸借対照表との関係
取引 ・取引の意義と種類
・取引の8要素と結合関係
勘定 ・勘定の意義と分類
・勘定記入法則
・仕訳の意義
・貸借平均の原理
帳簿 ・主要簿(仕訳帳と総勘定元帳)
・補助簿
証ひょうと伝票 ・証ひょう
・伝票(入金、出金、振替の各伝票)
・伝票の集計・管理

 

期中取引の処理

現金預金 ・現金
・当座預金、その他の預貯金
売掛金と買掛金 ・売掛金、買掛金
・クレジット売掛金
その他の債権と債務 ・貸付金、借入金
・未収入金、未払金
・前払金、前受金
・立替金、預り金
・仮払金、仮受金
手形 ・振出、受入、支払
・電子記録債権・電子記録債務
商品 ・3分(割)法による売買取引の処理
・仕入および売上の返品
固定資産 ・有形固定資産の取得
・有形固定資産の売却(土地のみを対象とする)
・減価償却(減価償却費は見積額を毎月計上する)
純資産(資本) ・資本金(追加元入、引出を含む)
収益と費用 (消耗品の処理は、支払い時に消耗品費勘定で処理する方法のみに限る)
税金 ・所得税
・固定資産税
・印紙税(「固定資産税など」に含まれていたが初級では明記)
・消費税(税抜方式に限る)

 

月次の集計

・別に定める勘定科目の範囲での試算表(合計、残高、合計残高)による月次集計を行い、数値を読み取る。